[リストに戻る]検索
フライング・サラリーマン、略してフラリーマンの気まぐれエッセイ♪ (^o^)/

 ☆ウッドデッキの作成  2016年06月10日
7年前にSPFで作ったこの写真のウッドデッキが寿命を迎えたつつある。(T_T) 前回のデッキも7年で腐食してしまったが、SPFだと7年が限界なのか・・・ そろそろ歳なので、楽をしようと思い、30年保つと言われているデッキ材ウリンで作り直すことにした。

このウリン、鉄の木という異名がありとても腐りそうにないぐらい硬くて重い。 ただ値段が高くてなかなか手が出せない。 今回、比較的安い150cm以下の短尺で作り、コストを抑えることにした。 設計図を起こして板取りをして半端材を減らし歩留まりを上げる。 送料も運送業者の倉庫まで取りに行く。 こうして木材の費用は28万円まで下げることに成功した。

これでも、デッキの床の板は30mm厚と通常の20mmよりも強くしているし、デッキの下枠も90x45mmという大きなサイズを使う。 30年持保ってくれれば88才までOKという計算なので、再びデッキを作る必要はないだろう。(^o^)/

(7年前に完成したばかりのウッドデッキです)

 ウリンがやってきた!  2016年06月25日
これが噂のウリンの木。これだけで1tを超す重さだ。 水に沈むぐらい比重が大きい! 鳴門にある運送屋さんの倉庫まで取りに行ったが、ステップワゴンのサスペンションがボトムしてしまい、一度では運べない。 おかげで搬送だけで午前中いっぱいかかってしまった。
28万円のこの木、大工さんの見積もりではデッキだけで80万円なのでそれに比べると安いかな!?
雨の日の作業を考えて天幕を張る。 足はブロックで組んで、枠組みから木を使う。 その方が雨で腐りにくくなるからだ。 二日目でここまで出来上がった♪ 防腐処理を行わなくてよいので作業は早い。

   2016年07月03日
作成4日目

 完成!  2016年07月10日
木が固く、ネジ釘の穴を3段階で開けなければならず手間はかかったが無事完成だ! 


*上板はネジ釘よりも大きく、下板はネジ釘よりも少し小さく穴をあける。
 最後にネジの頭を出さないように頭没穴を開ける。

  [BACK]  [NEXT]  [リストに戻る]
1 2
全 357件
CGI-design