[リストに戻る]検索
フライング・サラリーマン、略してフラリーマンの気まぐれエッセイ♪ (^o^)/

 ☆さらば!Mt.DAX ASGARD 80L  2015年08月04日
Mt.DAX ASGARD 80L
25年前に池袋の秀山荘で年に一度の大バーゲンに出向いて購入したザックだ。 ネットで探しても検索に引っかからないぐらい古いザックだ。 これがついに寿命となってしまった。 背中のプラスチック製フレームが折れてしまったのだ。 先日の渓流釣りで使った時に何故か肩が痛くなっておかしいと思っていた。 折れたフレームの代わりにアルミフレームを入れて修理してもいいのだが、さすがに25年前のザック。 設計も古いし色々なところにガタも来ているのでお役御免となった。 2000年に購入したモンベルのトレッキングパック65Lは、一昨年、つまりたったの13年で防水用のウレタンコートがベチョベチョになってしまい廃棄したが、このASGARDは未だ生地は健在なのには驚かされる。

30年前登山はキスリング全盛時代でアタックザックは名前の通りアタック専用で、フレームも入っていなければウエストベルトもチェストストラップもなかった。 フラリーマンも最初に使ったザックは中古のキスリングで、その次がこのようなウエストベルトもついていない旧式のミズノのアタックザックだった。 これらのザックは全ての重量が肩にかかるため、非常に荷が重く感じられ、バランスも悪かった。 その後、背負心地が抜群であったバックパック用のフレームザックと重量バランスが良くてコンパクトなアタックザックがミックスされていく。 アタックザックの背中にプラスチックやアルミのフレームが入り、フレームザックに使われていたウエストベルトが取り付けられていった。 フラリーマンも、旧式のミズノのアタックザックに自分でウエストベルトを取り付けたりもしたが、フレームが入っていないため今のザックと比べることも出来ないぐらい肩が重かった。

当時安月給で4歳と2歳の子供を抱え、川崎に出向となっていたフラリーマン。 お金はなかったが思い切って買ったのがバーゲンのMt.DAX ASGARD 80Lと言うわけだ。 このASGARDは、ウエストベルト付きフレーム入りのアタックザックの走りの商品で、初めて使った時にはあまりにも背負心地の良さに驚いたものだ。 しかも、ザックの真ん中がチャックとマジックテープで2つに割れるため、荷物が非常に取り出しやすい。 四国の石鎚山系、剣山系を始め5月の雪の涸沢でもお世話になった。 渓流釣りでもつい先日まで現役バリバリで働いてくれた。 本当に思い出深いザックだ。 本当に長い間頑張ってくれてありがとう!!

  [BACK]  [NEXT]  [リストに戻る]
1 2
全 357件
CGI-design